婚活パーティ

婚活でするパーティーの場では、自分が相手を選ぶこともできます

婚活でするパーティーでは、相手を選ぶ権利もあるのです・・

  • 婚活でするパーティーは、自分が男性を選ぶ権利もあるのですが、逆に、男性から選ばれる立場でもあります。また、この婚活でするパーティーの場では、いいなと思った相手から選んでもらえなければカップル成立とはなりません。できるだけたくさんの男性からあなたをパートナーとして選んでもらうようにするためには、ちょっとしたコツがあったりします。婚活でするパーティーの内容としては、ほとんどのケースで1人ずつ全員と話すチャンスがあります。会話がはじまる前、会話後の2回に、良い印象を与えるために、笑顔を見せるんです。そうすると、相手からの心象はかなり良くなります。たったこれだけですが、結果がかなり違ってくるので面白いですよ。あとは会話の間に関しては、短い時間なので、楽しく過ごしているだけで大丈夫。でも、ポイントとなる最初・最後の2回の笑顔に関しては、確実に相手に好意が伝わるように、そしてそのうえで、確実にあなたのことを素敵だな、と思ってもらえるように素敵な笑顔を忘れないようにしましょう。笑顔の手間を掛けることで、結果は雲泥の差なので、多くのチャンスをつかむために、必ずやっておきましょう。

  • 私がいざ、結婚活動(婚活)をしよう、と真剣に思ったとき…

  • 私がいざ、結婚活動をこれからやっていこう!と真面目に思ったとき、婚活の意味だけは知っていたもののいったい何から始めれば良いのか何一つ、わかりませんでした。相手を見つけ、結婚に至るまでの活動全般のことをまとめて婚活と言いますが、パッと私の頭に浮かんだのは、結婚相談所でしたが、結婚相談所に申し込みするのは、すごくお金がかかるし、敷居が高い感じもあり、一歩踏み出す勇気はありませんでした。このあと、友人や知人に相談してみたり、ネットで調べたりして、婚活でするパーティーやマッチングアプリにたどり着くことができ、婚活を始めることができました。私みたいに、最初は何をしたら良いのかわからない人や身近な人に相談するチャンスがないと、結構多いかと思います。そのため、国や自治体が婚活を後押しする制度があれば良いのに!と思ったりもします。

  • 婚活中の男性に対し、聞いてはならないことがあるのをご存知でしょうか?

  • 婚活中の女性が、男性に聞いてはならないタブーともいえる話題があります。それは、給料・勤務先・クルマといった3つのテーマです。これらの質問をすることがいけないわけは、結婚相手としてふさわしい人か知りたい、と思う気持ちは理解できますが、初対面でこういた質問をしたら、男性へのマイナスイメージにかなりません。もしも、結婚生活には経済力も必要です。なので、経済面が気になるなら年収が何百万円以上の条件がある、もしくは、限定会員のみで構成される婚活でやっているパーティー、サイトなどを最初から活用してみましょう。その手のサービスなら、上記の失礼な質問をすることなく、おおまかな男性の経済力も判断できますよね。婚活(結婚活動)での失敗を抑える意味でも、あなたの方から経済的な関する質問をするのは可能なかぎりしないことを意識しましょう。

  • 今後、あなたが婚活パーティーに出席しようと考えているな…

  • 今後、あなたが婚活のイベントとして行われるパーティーに参加するのであれば、パーティーで男性からの印象が良い、メイクや、髪型、ファッションを意識することは大きな強みとなります。おしゃれして行った方が良いのはもちろんですが、おしゃれであれば良いというのは間違いで、さらに、あなたの中のおしゃれでもなく男性が好きなもの、であることを意識しましょう。複数回、実際にパーティーに行っている私の経験で語ると、サッとみて、ブランド品とわかるバッグ・アクセサリは使用を控えておくのが良い、ということです。それは「この女性はお金が掛かる」と捉えられて、距離を置かれる可能性があるからです。そして、流行のおしゃれな服装でパーティーに行くより、地味とまではいかなくても、そんなに目立たないファッションであるほうが意外と男性の好感度は高くなったりもします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です